天然ホタテ生産量No.1
北海道産ホタテ

天然ホタテ生産量No.1
北海道産ホタテ

プリプリ感そのままを北海道からお届け

タウリンたっぷり栄養豊富なホタテの貝柱。当店で取り扱うホタテはM玉サイズが中心です。直径が約45mm前後、 高さは25mm前後と口いっぱいに頬張るにはちょうど良いサイズです。殻付きの殻は8cm前後で手のひらサイズです。

ホタテ

北海道産ホタテの特長

プリプリの食感がたまらない!通販で楽しめる北海道産お刺身用の生ホタテ貝柱

リピーターが多く、通販でも人気の高い北海道産生ホタテの貝柱。人気の理由は柔らかな食感とトロっとした甘みにあります。ホタテの主なエサは植物プランクトンです。北海道の海は冬は冷たく、植物プランクトンが豊富。そんな環境で育ったホタテは他では味わえない食感や甘味のあるものとなっています。当店では最高の環境で育った北海道産ホタテを存分に味わって頂くために、水揚げしたホタテの殻をはずし、貝柱だけを急速冷凍。新鮮さを保った状態で皆様の元へお届けしております。肉厚なのに柔らかいその食感と甘味を是非ご体験下さい。

ホタテ
ホタテ ホタテのお寿司

美しいお刺身ホタテの貝柱

北海道で水揚げしたホタテの殻をはずし、貝柱だけを急速凍結しました。肉厚なのにやわらかいその食感と甘みをご体験下さい。全国の百貨店などで行われる北海道物産展でも大人気です。一口大のちょうど良い大きさと綺麗な貝柱の形はお刺身にぴったりです。冷蔵庫に移し半日ほどかけてゆっくりと解凍するか、お急ぎの場合、冷たい塩水に直接浸して下さい。是非一度、通販でお楽しみください。

ホタテのお刺身を存分に楽しむ方法を紹介

当店の通販では、ホタテを購入頂いた方はお刺身の状態で食べる方も多く、素材そのものの味を楽しめると好評です。お刺身を楽しむためにはまず冷凍状態のホタテを冷蔵庫で4時間ほど自然解凍。その後お好みの方法でお刺身をお召し上がり頂けます。ホタテの刺身はわさび醤油につけて食べる方法が一番に思い浮かびますが、サラダに乗せたり、カルパッチョとして楽しむ方法も人気です。白いご飯とも相性が良いため、素材の味を楽しみたい方はホタテ貝柱を刺身の状態でお楽しみ下さい。

ホタテ ホタテのカルパッチョ
ホタテ

不揃いは大容量でお買得

サイズがまばらなホタテの貝柱をお買得価格でお届けします。小さなものから大きなものまで様々な大きさが詰め合わせになっています。お刺身や漬け丼、フライやソテー、八宝菜など中華にも使えて、毎日のおうちごはんに大活躍です。

加熱用半殻付きはバター焼きやグラタンで

殻付きホタテも道産子にとっては定番中の定番です。殻の片面は取り除いていますので、袋から出してそのままバター醤油で網焼きやチーズとホワイトソースでグラタンなどにお使い頂けます。キモやヒモも味わえるのも殻付きならではです。

ホタテ 殻付きホタテ バター焼き
ホタテ レシピ ホタテの炒め物

ホタテのおすすめレシピ

ホタテ貝柱や殻付きホタテはお刺身以外にも様々なレシピにご利用頂けます。ホタテはフライやバター焼きなど火を通す料理でも扱いやすいという点が特徴。ホタテの炒めものや唐揚げは、刺身とは異なる歯ごたえのある食感を楽しむことができます。炒め物や唐揚げ以外にもご飯に混ぜてリゾットにしたり、ラーメンの具材として活用することもでき、夕食の一品としても大活躍すること間違いなしです。当店の通販で購入したホタテを調理する際のポイントは短い時間でサッと焼くこと。加熱しすぎると身が硬くなったり、旨みの元である栄養成分が汁と一緒に流れ出てしまうため、注意が必要です。また、加熱前にはホタテを解凍することも忘れないようにしましょう。

北海道産干し貝柱は最高品質

フカヒレや干しあわびと並び珍重される干し貝柱。長い時間をかけて天日干しを繰り返し、旨み成分をギュッと閉じ込めました。一昼夜、水に浸して濃厚なダシ汁を楽しむのはもちろん、やわらかくなった貝柱も無駄なくお使い頂けます。お酒好きな方には、そのまま口の中でゆっくり柔らかくなるまで口の中でほぐしながら一杯やるのもおすすめです。北海道産の干し貝柱をお取り寄せしてみませんか?

ホタテ 干し貝柱

ホタテの豆知識を紹介!カロリーや栄養素は?

ホタテは他の貝類と比較するとカロリーが若干高めです。ホタテ1つ(120g)に含まれるカロリーは約86kcal。これはあさり(30kcal)、はまぐり(39kal)などと比較すると高い数値となっています。しかし、糖質に関してははまぐりとほぼ同じとなっており、他の貝類と変わりません。

また、ホタテはタンパク質やビタミンB群などの栄養素が豊富。他にもコレステロールの吸収を抑える働きを持つと言われているタウリンや味覚を正常に保つ役割を持つ亜鉛等も含まれています。通販でホタテを楽しめるのと同時に上記の普段の食事では取りずらい栄養素を摂取できるのはうれしい点ですよね。